PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*めくるめく、びんの世界

おはようございます、今朝も心地よい冬の晴天ですね

日曜日からはじまった井﨑智子さんのびん展

ギャラリーアムコでは

時間が移ろうごとに窓から射し込む太陽の光によって

さまざまな表情を見せてくれるのがとても美しいので

暗くなるまではライトを点けず、自然光だけで展示をしています

↓上は午前9時ころの朝の光、そして下は正午ころの昼の陽射し

びん1
びん2

井﨑さんは自然光の入る空間での展示を、今回とても楽しみにしていたのだそうです

ご自身でも時間によって置き方を変えてみたり、空間を堪能されているご様子

↓こちらも左は午前9時ころ、右は正午ころ

びん3びん4

影の伸び方も違えば、びんの肌のニュアンスも違って見ていて飽きません



プラスチックのケースに入っているのは、“先入観なくびんを感じてほしい”と

今回新たな試みとして取り入れられたものです

「陶磁の作品というと、和の様式や自然の素材と組み合わせて見せるのが定石

 でも、作品を持ち帰ってくださった方々の家は、それこそ様式も素材も色もさまざまなはず

 皆さんが、固定概念にとらわれることなく、自由にイメージしていただけるようにしたい」

という井﨑さんの想いがあるのです



↓おなじく左は午前9時ころ、右は正午ころ

びん5びん6

↓左は午前中のやわらかな光に包まれた棚の上、右は正午ころ同じびんに光が射した様子

びん7びん8

右の写真の「エリモト」さんは、信楽の古民家から出土↑

昭和初期ころ?洗濯後襟元につける溶剤が入っていたガラスびんなのだそうです




↓こちらは、両方とも正午ころ、真昼の陽射しはとっても強くてびんの様子もドラマチックです

びん9びん99

どこまでもフォトジェニックな、びんの世界です
関連記事
[ 2012/12/11 10:43 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。