PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*伊賀展_“肝を養う”お漬け物レシピ(試作中)

最近もっぱら、とあるお漬け物(2年ものの古漬け)を使ったレシピを試作中です

“とあるお漬け物”とは、伊賀で見つけてアムコ店頭にも並んでいる「養肝漬」

江戸時代から続く伊賀の老舗漬物屋、宮崎屋さんが

100年以上使い続けている大きな樽で、昔から変わらない製法で漬けている瓜の古漬けです

白瓜の芯を抜いて、紫蘇の葉や実、生姜、大根など薬味を刻んで詰めて、たまり醤油に漬け込んだもの
(一般的にはてっぽう漬けというそうです、恥ずかしながらわたしは初めて知りました)

養4養1

*養肝漬[昔味 / 新味] 各420円


見た目が↑↑↑地味で一癖ありそうな感じで、なかなか手が出なかったのですが

試食してみてビックリ!植物性の素材だけを使っているのに、深くてクセになる味わい

どちらかというと古漬けは苦手なわたしが、素直に「美味しい」と思えたシロモノです

そんな訳で、現在アムコの店頭に並んでいて、秘かな人気商品

ただ、古漬けだけに大量には食べ切れず、1本買うと消費するのに困ってしまう…

ということで、目下いろいろなアレンジレシピを試作中なのです



アムコ店頭で販売している冊子『輪土』でも

料理家の植松良枝さんにつくってもらった「養肝漬ディップ」のレシピをご紹介しているのですが

「トマトに合うはず」と植松さんの直感的な言葉どおり、トマトと養肝漬の旨味の相性はバツグン

野菜の味を生かす植松さんのレシピは、シンプルなのに驚きの味わいでいつも感動的です



その「養肝漬ディップ」をさらに少しアレンジしてみました(邪道かも……と思いつつ)

すりおろし玉ねぎなどを入れた養肝漬ダレ、これはこれでなかなかイケてました!(と思う)

養2

材料:
養肝漬 1/3本(みじん切り)
玉ねぎ 1/2個分(すりおろし)
米酢 大さじ2杯
菜種油 大さじ1杯
ごま油 大さじ1杯
レモンの搾り汁 1/2個分

これをすべて混ぜて、一晩寝かせます、生野菜のサラダにかけても美味



あと、調味料なしの養肝漬炒飯

養3

材料(1人分):
養肝漬 2切(みじん切り)
玉ねぎ 1/4個分(みじん切り)
釜揚げしらす 1つかみ
卵 1個
むきエビ 3尾
レタス 適宜
ご飯 1杯分

最後に黒胡椒を少しだけふりました
塩気は一切入れなかったのに、けっこうな旨味でしたよ

でも、ちょっとしょっぱかったかも……次は養肝漬を1切にしてみよう

試作の日々はまだまだ続きそうです
関連記事
[ 2012/12/07 23:55 ] * 商品とつくり手のこと | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。