PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*郷映ラボ「琉球のイザイホー」2本立て上映会のお知らせ

郷映ラボ「琉球のイザイホー」2本立て上映会
2015年3月20日(金)19時〜

eizo (1)


3/3(火)からはじまるアムコ カルチャー&ジャーニー店頭特集「うちなーへの旅」に合わせて
琉球の女性中心の祭祀組織「イザイホー」による重要な神行事の記録映像を2本立てで上映します。

参加費:1500円+税[1ドリンク(沖縄の薬草茶) 付き]
※沖縄本島最北の泡盛酒蔵の泡盛など、ドリンクとおつまみもご用意しています(有料)
主催:郷土映像ラボラトリー


上映作品
● 「イザイホー1990年-久高島の女たち-」
1991年/30分/製作:民族文化映像研究所
企画:沖縄県教育庁/沖縄県島尻郡知念村久高

琉球の島々をつくった神が、海の彼方の神の国ニライハーラーから最初にたどり着いた島と伝わる久高島。
その島では12年に一度(午年)、女性を中心とした祭祀組織「イザイホー」による重要な神行事があった。
この記録は、ヌルの不在により現在中止となってしまったイザイホー期間中の久高島の女性たちの想いと行動を
軸にしながら、前回のイザイホー(1978年)の写真記録と音声記録を活用し、イザイホーという神行事が
どんなものなのかを明らかにしようとしたものである。

● 「奄美のノロのまつり-加計呂麻島-」
1987 年作品/43 分/鹿児島県大島郡瀬戸内町阿多地・須子茂
製作:民族文化映像研究所/企画:鹿児島県教育委員会企画

奄美、沖縄と続く島々には、村の神事を司る女性、ノロがおり、ノロのまつりが行われている。
季節の折目と深く結びついているまつり。この記録は、ノロの祭の姿を明らかにしようと、’86年5月から
ほぼ一年間の加計呂麻島のノロ祭祀を追った記録映像である。
写真:(C)民族文化映像研究所

[ご予約]お電話かメールでお申し込みください。
050-3344-1399 store@amco-cj.jp
*詳細はfacebooktwitter等で随時告知いたします。
関連記事
[ 2015/03/03 14:46 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。