PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*房州:アムコプロデュース 房州うちわ 

墨染作家の菊池昌子さんにお願いしてオリジナルの麻布作品を染めていただき、
房州うちわの伝統工芸士・宇山正男さんに制作していただいた一点物のオリジナル房州うちわです。

DSC_a.jpg

房州産のしなやかな女竹の特性を生かして、一つひとつ手づくりされる房州うちわの魅力は、
持ち手部分は丸柄としてそのまま残し、節の先で骨が扇状に広がる部分の造形美。

DSC_9620.jpg

1本の筒状の竹の骨組みを数十本に割いて平らに編み上げる繊細な手仕事は、
うちわ一筋60余年の宇山さんならではのもの。
竹特有のしなりが、どこまでもやわらかく涼しい風を運んでくれます。

DSC_9623.jpg

DSC_9625.jpg

・うやま工房 宇山正男さん:17歳でうちわ職人の道を選び、以来66年にわたって、うちわをつくり続ける伝統工芸士。
房州に自生する女竹を使った房州うちわは、千葉県唯一の国の伝統工芸品として認定され、日本三大うちわの一つ。
竹の選定、伐採から制作まで21の全ての工程を手掛けるのは宇山さんだけ。

・墨染麻小物 菊池昌子さん:生まれも育ちも北海道の菊池さんは、ろうけつ染め、草木染めなど染色全般を手掛け、
現在は墨染めを中心に作品をつくる。墨を使って麻布や和紙に型染めし、バッグ、タペストリー、カードなどを制作。
10年前に拠点を鴨川へ移し、日々ものづくりと向き合っている。





※サイズなど不明な点は、お気軽にお問い合わせください
- - - - - - - - - - - - - - - - -
通信販売も行っています

詳細はこちらをご覧ください

- - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - -
関連記事
[ 2014/04/23 16:38 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。