PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*ナチュールの9月のぱん

◉ホームページへ戻るにはコチラ

今月もナチュールの二人が届けてくれます。9月30日(水)の入荷です

11219369_880040602065486_5171093316667524172_n.jpg

●9月のメニュー

山型食パン 360円+税 (卵・乳使用)
ふんわりミルキーな味わいに仕上げたリッチな食パン。
まずはトーストせず、そのままちぎってどうぞ!!

カンパーニュ1/4 340円+税
ライ麦と全粒粉をたっぷりつかったカンパーニュ。
酸味のないもっちりクラムのハードブレッドです

お野菜だけの焼カレーぱん 300円+税 (乳・卵使用)
お肉を一切使用せず、野菜だけでコトコト煮込んだヘルシーな焼きカレーぱんです。

カレンズとクリームチーズ 420円+税 (乳使用)
全粒粉とライ麦入りの生地にカレンズたっぷり。クリームチーズとの相性は
言うまでもなく抜群

きび砂糖メロンぱん 220円+税 (卵・乳使用) 
きび砂糖でつくった優しい甘さのクッキー生地としっとりしたブリオッシュを包み込んで
焼き上げました

カシューナッツと岩塩 280円
ライ麦、全粒粉入りのハードブレッドにカシューナッツがたっぷり入ったおつまみに
ぴったりのぱんです。

5種のベリーガレット 250円+税 (卵・乳使用)
クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー、苺、カレンズの絶妙なバランスのジャムと
サワークリームでケーキのようなデザートぱんに仕上げました

バーボンバターとマロンクリームサンド 400円+税 (乳使用)
ビターなブラックカカオの生地に洋酒の効いたクリームと渋皮栗の濃厚な香りがそそる
大人のハードブレッド

COFFEEのチョコベーグル 280円+税 
ミカフェートの珈琲豆入り生地にとろけるチョコ入り。ぜひ焼き直して香りを楽しんで

秋野菜のフォカッチャ 300円+税 (卵・乳使用) 
すっかり秋の陽気な今日この頃。秋野菜の美味しい彩りフォカッチャです


落花生とクルミ 230円+税 (乳使用)
もちもちの生地に香ばしい食感と落花生の甘納豆がたっぷり入った、そのままで美味しい
テーブルぱんです




メニューは一部変更になることも
また、交通事情により入荷が遅れることもございます。
1階店舗スペースにて販売、エコバッグと小銭をご用意いただけると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2015/09/25 16:55 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*「自今の記憶」コラボ作品_今井茂淑×キタムラマサコ

◉ホームページへ戻るにはコチラ

今井茂淑 古材作品 × キタムラマサコ 葉壜 「自今の記憶」コラボ作品

自今の記憶 no.001 [蔵戸 × 洋酒瓶]

漆を施した明治期の蔵戸鏡板(ケヤキ)に錆の進んだ鉄を組み合わせた花台と、遊び心のある木製キャップ付き洋酒瓶の葉壜。キャップを外して、受けの瓶に水を指してもお使いいただけます。
ケヤキ、鉄、ガラス 24,000円+税

1

DSC_7340s.jpgDSC_7334s.jpg



自今の記憶 no.002 [ウイスキー樽 × オリーブオイル瓶]

およそ50年ほど、ウイスキーを醸し続けてきた樽の一部を花台に、真横から見るとトリッキーな様子の葉壜を。花の丈や動きに合わせて、3箇所の穴に移動して、それぞれの風情をお楽しみください。
白樫、鉄、ガラス 21,000円+税 SOLD

no002_main.jpg



自今の記憶 no.003 [箪笥飾金具 × オリーブオイル瓶]

明治期箪笥の飾金具の透かし模様を通して落ちる影とガラスの透明感が交わって、可憐なニュアンスを醸す花器。地松は明治期の古民家の材。
地松、真鍮、鉄、ガラス 13,000円+税

2

DSC_7332s.jpgDSC_7330s.jpg



自今の記憶 no.004 [琴 × 洋酒瓶]

楽器から花器へ。明治期蔵戸の鏡板を土台として、琴の弦を支えてきた紫檀の支柱が、ガラスの葉壜を支える役割を新たに得て生まれ変わりました。
ケヤキ、紫檀、鉄、ガラス 15,500円+税

3

DSC_7317s_201509091052099c5.jpgDSC_7320s.jpg



自今の記憶 no.005 [千刃鋤 × 洋酒瓶]

明治期の戸框に漆を施した土台に、幾年も稲を鋤いてきた農具の一部を打ち付けて。アンティークの洋酒瓶による葉壜が揺れる様子も楽しめます。
ケヤキ、鉄、ガラス、コルク 19,500円+税

4

DSC_7314s.jpg5

アムコオンラインショップでもご購入いただけます
[ 2015/09/09 10:49 ] * 商品とつくり手のこと | TB(0) | CM(-)

*宮崎和佳子「釉薬かけ」ワークショップ

◉ホームページへ戻るにはコチラ

湘南の陶芸家 宮崎和佳子さんのワークショプです

今回は成形から釉薬かけまで体験できる2回コースと

釉薬かけだけ体験できる1回コースをご用意しました

1

IMG_0420.jpg

宮崎和佳子「釉薬かけ」ワークショップ

①2015年9月26日(土)13時半〜16時半(最終受付15時半)
②2015年10月24日(土)13時半~15時半(最終受付14時半)ご予約の方優先
※予約不要ですが、予約された方には特典があります。開催時間中、ご都合の良い時間にお越しください

◎料金:※予約された方は特典があります
*Aコース:4,000円+税[飲物、材料費・焼成代込み]
*Bコース:7,000円+税[飲物、材料費・焼成代込み/①9/26(土)②10/24(土)とあわせて2回分]
・持ち物:エプロン、汚れてもよい服装
・作品は約1カ月後に、アムコ店頭でお渡しいたします
・郵送(送料別途)も可能です

===================================
*Aコース[1回コースで、釉薬かけをご体験いただけます]
宮崎和佳子さんの素焼き作品(プレート/丸皿)をお選びいただき
絵の具や掻き落としで模様を描き、お好きな釉薬をご自身でかけていただきます

step1:まずは、選んだ作品に自由に絵付けを
1

step2:手で釉薬をかきまぜる
3

step3:プレートを釉薬にくぐらせたところ(表面に指跡がでないように)
2

完成品
IMG_0418.jpg

プレートを表札にすることもできます
IMG_0423.jpg
IMG_0422.jpg

===================================
*Bコース[2回コースで、成型から釉薬かけまで体験できます]
1回目:一輪挿しを手びねりで成形します
2回目:素焼きされたご自身の作品に、絵の具や掻き落としで模様を描き、お好きな釉薬をご自身でかけていただきます

1回目 step1:手びねりでかたちをつくる
1

2回目 Aコースのstep1〜3をご参照ください
[ 2015/09/08 11:32 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*編ム庫「アンティークの竹筆軸ガラスペンつくり」ワークショップ

◉ホームページへ戻るにはコチラ

ALPS BOOK CAMPでもご好評いただいたガラスペンつくりのワークショップを開催します

見た目の繊細さと裏腹になめらかな描き心地と極細の線、そして

水彩絵の具のようにペン先を洗っていろいろな色を楽しめるのも、ガラスペンの魅力

ペン先にインキをひとたび浸せば、葉書一枚くらい描けてしまいます

g1

デッドストック(新品未使用)の国産アンティークガラスペン(戦前~戦後製)と

岡山の吉井川河原で寒晒した竹筆軸でつくります

アクセントにお好きなビーズを選んだり、蝋引きの麻糸で装飾をしたりと

世界にひとつだけのオリジナルガラスペンに仕上げましょう


編ム庫のワークショップ
「アンティークの竹筆軸ガラスペンつくり」

2015年9月12日(土) 14~17時(最終受付16時) ※ご都合の良い時間にお越しください

*ご予約不要で14~16時まで随時受付いたしますが、混雑時はお待ちいただくかもしれません。またご予約の方が優先となりますので、お時間がお決まりの方は事前予約をお勧めいたします。

所要時間:約1時間
参加費:2,500円+税(材料費+お茶付き)
会場:ギャラリー編ム庫[ 東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 ]
持ち物:手ぶらでご参加ください
*写真のペン先メーカーと違う物になる場合がございます
*ガラスペンの書き心地をお試しいただけます[試筆:入場無料]

自分でつくるのはちょっと……、という方には店頭でガラスペンの完成品もご紹介しております。
オンラインショップでもご購入いただけます〉〉〉[www.amco-shop.jp]

12

g3

g2

「ガラスペンの使い方」動画はこちら〉〉〉
*使用インキ:PILOT「色彩雫」

[ご予約]お電話かメールでお申し込みください。
(メールの方はお名前、連絡先、ご希望の時間を明記ください。)
050-3344-1399 store@amco-cj.jp
*詳細はfacebook、twitter等で随時告知いたします。
[ 2015/09/07 15:31 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*ふじたみほ「金継ぎ入門」終了しました

◉ホームページへ戻るにはコチラ

8/29(土)のふじたみほさんの金継ワークショップで、再び息を吹き返した器の数々。

それぞれの欠け具合に合わせて丁寧に導いてくださって、本当にありがとうございました。

2

次回、金継ぎ入門」は、2016年1月に開催予定。

詳細はFacebook、twitte等でお知らせいたします。

参加者の皆さまが手掛けられた器の一部をご紹介します。

5
4

7
6

9
8

11
12
10

1720

1614

1918

1321

2215

3
1
[ 2015/09/01 20:02 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)
プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。