PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*二人展「自今の記憶」はじまりました

◉ホームページへ戻るにはコチラ

e

f

DSC_9627.jpg

使い終わったガラス壜をカットしてつくられる花器、
古い建具や民具の木材や鉄をつかった小さな椅子や飾り台など。
時を経て生まれ変わったおふたりの作品に、水を挿して植物を生けると、
夏の終わりに相応しくみずみずしい素敵な空間に。
作品の全貌は店頭でご覧くださいね

8/29(土)は午後から、9/4(木)は夕方から、キタムラマサコさんが在店予定です。ぜひお運びください。

c

a

DSC_9637.jpg

d

b

DSC_9642.jpg

DSC_9633.jpg

今井茂淑×キタムラマサコ 二人展「自今の記憶 jikon no kioku」
2015年8月25日(火)~9月12日(土)【1階特別展示】
スポンサーサイト
[ 2015/08/24 12:52 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*ナチュールの8月のぱん

◉ホームページへ戻るにはコチラ

今月もナチュールの二人が届けてくれます
新作パンもありますよ

11826053_870473909688822_3069670894884003707_n.jpg

● 8月のぱんメニュー
・山型食パン 360円+税 (卵・乳使用)
ふんわりミルキーな味わいに仕上げたリッチな食パン。
まずはトーストせず、そのままちぎってどうぞ!!

・カンパーニュ1/4 340円+税
ライ麦と全粒粉をたっぷりつかったカンパーニュ。
酸味のないもっちりクラムのハードブレッドです

・お野菜だけの焼カレーぱん 300円+税 (乳・卵使用)
お肉を一切使用せず、野菜だけでコトコト煮込んだヘルシーな焼きカレーぱんです。

・きび砂糖あんのもっちりあんぱん 250円+税 (乳使用)
老舗和菓子屋さんの大国屋の絶品キビ砂糖の粒あんを、もちもちの白ぱんで包んだあんぱん

・ラムレーズンクリームチーズサンド 350円+税 (乳使用)
もちもちの白ぱんにアルコール控えめのラムレーズンを入れて
はちみつ風味のチーズクリームをサンドしました

・TOMATO PIZZA 330円+税 (卵・乳使用) 
手作りの野菜たっぷりトマトソースに有機のトマトと
クリーミーなマスカルポーネが食欲をそそるピッツァです

・ショコララズベリー 220円+税 (卵・乳使用)
手作りのガナッシュと自家製ラズベリージャムがトロリ溶け出すとっておきの
デザートぱん

・梅ジャムミルキーマフィン 300円+税 (卵・乳使用)
自家製のさっぱりした甘酸っぱい梅ジャムとミルキーな記事が相性良いおやつマフィン

・キャラメルのピーカンナッツ 260円+税 (卵・乳使用)
塩気の効いた手づくりキャラメルクリームとピーカンナッツの香ばしい風味がクセになる
おやつぱんです

・カシューナッツとオリーブ 280円+税 
ライ麦、全粒粉入りのハードブレッドにカシューナッツととびきり美味しいオリーヴの実入り
おつまみにピッタリです

・黒糖ナッツBRED 350円+税 
全粒粉・ライ麦入りの味わい深い生地に黒糖のコクとナッツのコリコリ感がやみつきです


メニューは一部変更になることも
また、交通事情により入荷が遅れることもございます。
1階店舗スペースにて販売、エコバッグと小銭をご用意いただけると幸いです。
[ 2015/08/21 17:39 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*奄美・八月踊りのワークショップについて

◉ホームページへ戻るにはコチラ

今月28日(金)の上映会で行うワークショップについて
主催の郷映ラボの中川さんより詳細が届きました。


中川さんより~

「諸鈍シバヤ」と「与論の十五夜踊り」の映像鑑賞後に、奄美の心、島唄ライブを行います。
今回のワークショップでは、朝崎郁恵さんが主宰する八月踊りと島唄の会「十五夜会」(※)の結さんが、
三味線(蛇皮線/サンシン)、太鼓(ティディン)で、島唄を聴かせてくださいます。
その後で、八月踊りの話や唄に込められた島人の心についてお伺いします。
太鼓(ティディン)の体験もできます。最後は、参加のみなさんで八月踊りの輪をつくりましょう! 
15時、19時の2回開催。各回先着12名ですので、ぜひご予約を


 奄美には今回の上映作品の他にも、個性豊かな舞踊が伝わっています。
南国奄美では収穫の終る旧暦八月、新しい季節の折り目として夏の正月行事が行われます。
八月踊りはその中の豊年祭で集落の人が輪になり歌い踊られてきました。
八月踊りは盆踊りのルーツとも言われ、太鼓(ティディン)に合わせて、男女が歌を会話のように
掛け合いながら踊ります。
歌や踊り方は集落によって異なります。この時期、奄美は、島中で踊りの輪と歌が響き渡ります。

 映像は、踊りだけでなく、準備の様子が丁寧に記録されています。
準備には何を祈り行うのか、喜び、行事にかける思いが浸みています。
折り目や節目に人は何を大切にしてきた、時代や場所は違っても変わらない価値観、
人が生きてきた姿が見られます。映像を通し語らいましょう。
 
日本は戦後70年の節目の年。実家の近くも大空襲で一面が焼け野原でした。
私は全くその跡さえ感じさせない中で育つことが出来た世代。だから、自分が享受したもの以上、
せめて少しくらいは足して次の世代に繋げたいものです。
 
※ 十五夜会
十五夜会は、八月踊りを奄美の伝統文化のなかでシマ唄と同様に大切なものと考え、伝えていくために朝崎郁恵さんが主宰され、有志のメンバーが都内を中心に唄の歌詞や発音や意味などの勉強をしながら自主練習を行っています。

郷映ラボ8月上映会

❶「諸鈍シバヤ」1977 年作品・40 分 撮影地 鹿児島県大島郡瀬戸内町諸鈍 国指定重要民俗文化財
❷「与論の十五夜踊り」1982 年作品・30 分 撮影地:鹿児島県大島郡与論町
◎8月28日(金)馬喰町 ギャラリーアムコ
 1回目 15時〜上映(14:30〜開場)
 2回目 19時〜上映(18:30〜開場)各回入れ替え制
上映会のあと島唄ライブと八月踊りワークショップを行います。
参加費:2,000円+税(お茶とワークショップ込み)
場所:馬喰町ギャラリーアムコ
    東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 アムコビル2階
    http://www.amco-cj.jp/gallery/
お問合・お申込
050-3344-1399 store@amco-cj.jp(ギャラリーアムコ)
080-4080-8272 e-mail sheli2fenesi@gmail.com(郷映ラボ 中川美帆)
主催:郷土映像ラボラトリー
《 郷土映像ラボラトリー 》
人が長い時間をかけて暮らしの中で構築した知恵を記録した映像をきっかけに人が出会い語らう場をつくっています。
[ 2015/08/18 16:34 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*夏期休暇のお知らせ

◉ホームページへ戻るにはコチラ

立秋も越えて少し過ごしやすくなってきましたね。アムコは8/13(木)〜17(月)まで夏季休暇をいただいて、スタッフそれぞれのジャーニーへ出かけてきます。

2

夏季休暇後もさまざまな企画を開催予定です。暑さも少しやわらぐ季節に、ぜひお立ち寄りください。
[1階店頭]
*8/25(火)〜9/12(土)今井茂淑×キタムラマサコ 二人展
http://amcocj.blog.fc2.com/blog-entry-230.html
※写真は、キタムラさん、今井さんの作品です

*8/26(水)ナチュールさんのぱんの販売日

[2階ギャラリー編ム庫]
*8/28(金)郷映ラボ「奄美の夏を記録作品二本立て上映会」
http://amcocj.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

*8/29(土)ふじたみほ「金継ぎ入門」ワークショップ
http://amcocj.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

【オンラインショップの夏季休業日】8/12(水)〜17(月)
ご注文いただけますが、18日以降順次対応とさせていただきます。ご理解のほど宜しくお願いいたします。
[ 2015/08/12 18:41 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*今井茂淑×キタムラマサコ 二人展「自今の記憶 jikon no kioku」【1階特別展示】

◉ホームページへ戻るにはコチラ

古い建具や民具、そして様々な用途で使われてきたガラス

暮らしのなかでそれぞれに役目を果たしてきたモノを一度解体して

新たな生命を吹き込む作品をつくる

木工家の今井茂淑さんと、ガラス作家キタムラマサコさんによる二人展

与えられた使命を一生懸命まっとうしてきたモノたちが

次なる役割を担って再び新しい記憶を刻んでゆく今この瞬間を

「自今の記憶」というテーマに込めて展開します

お二人それぞれの作品に加え、コラボレーション作品も数量限定でご紹介します

*自今(じこん)=今この一瞬、という道元禅師による仏教用語



今井茂淑×キタムラマサコ 二人展
「自今の記憶 jikon no kioku」
2015年8月25日(火)〜9月12日(土)【1階特別展示】


1
photo :コラボレーション作品 [今井茂淑:蔵戸鏡板・琴のブリッジの花器台] × [キタムラマサコ:葉壜]

2
photo :コラボレーション作品 [今井茂淑:地松・箪笥金具(真鍮)] × [キタムラマサコ:葉壜]

3
photo : [今井茂淑:ちゃぶ台天板・衣桁部材]

6
7
photo :[キタムラマサコ:葉壜]
[ 2015/08/03 14:09 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*郷映ラボ「諸鈍シバヤ」「与論の十五夜踊り」上映会

◉ホームページへ戻るにはコチラ

8月の郷映ラボ、上映作品は奄美群島の魂、祭祀・伝統舞踊から2作品をお届けします。上映会の後、八月踊りの唄と踊りのワークショップを行います。

郷映ラボ「喜諸鈍シバヤ」「与論の十五夜踊り」上映会

2015年8月28日(金)❶ 15時~ / ❷19時~
参加費:2,000円+税(お茶、ワークショップ参加費含む)
会場:ギャラリー編ム庫[東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3]
主催:郷土映像ラボラトリー

5
6

3
4


「諸鈍シバヤ」1977 年作品/40 分/撮影地:鹿児島県大島郡瀬都内町諸鈍/企画:鹿児島県大島郡瀬戸内町/製作:民族文化映像研究所 国指定重要民俗文化財
かつて日本と琉球を結ぶ海上交通路の要衝だった諸鈍は、奄美大島の南、加計呂麻島の東南端部に位置する美しい白砂の浜の静かな集落。日本内地の芸能と琉球古来の舞踊や芝居などが伝播し、奄美特有の感性豊かな民俗芸能「シバヤ」として根付いている。手踊り、狂言風のパントマイム、人形芝居など11演目が上演される「諸鈍シバヤ」を記録したこのフィルムは、奄美が南海の離島ではなく、日本や琉球、アジア大陸とつながりながら独自の文化を育んで来た事実をあきらかにしようとした映像である。

「与論の十五夜踊り」 1982年/30分/撮影地:鹿児島県大島郡与論町/企画:鹿児島県与論町教育委員会/製作:民族文化映像研究所
鹿児島県の最南端に位置する与論島は、コバルトブルーのサンゴ礁に囲まれた美しい島。鹿児島県の無形民俗文化財に指定されている十五夜踊りは、旧暦八月十五日、美しい満月のもと最も盛大に行われる。室町時代の狂言などからとった一番組と、奄美や沖縄と与論島の踊りを組合せて構成した二番組に分かれている。南島の夜が清らかに澄んで、城の歌声が島中にしみわたり、子どもたちも家々をまわって、十五夜ダンゴをとってまわる、満月の夜の光景がおさめられた作品である。

[ご予約]お電話かメールでお申し込みください。
050-3344-1399 store@amco-cj.jp 【ギャラリーアムコ】
080-4080-8272 e-mail sheli2fenesi@gmail.com【郷土映像ラボラトリー:担当中川美帆】

*詳細はfacebook、twitter等で随時告知いたします。
[ 2015/08/03 13:05 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)
プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。