PageTop

amco news

アムコの最新情報。貸ギャラリー『編ム庫』のコトも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

*房州:アムコプロデュース 房州うちわ 

墨染作家の菊池昌子さんにお願いしてオリジナルの麻布作品を染めていただき、
房州うちわの伝統工芸士・宇山正男さんに制作していただいた一点物のオリジナル房州うちわです。

DSC_a.jpg

房州産のしなやかな女竹の特性を生かして、一つひとつ手づくりされる房州うちわの魅力は、
持ち手部分は丸柄としてそのまま残し、節の先で骨が扇状に広がる部分の造形美。

DSC_9620.jpg

1本の筒状の竹の骨組みを数十本に割いて平らに編み上げる繊細な手仕事は、
うちわ一筋60余年の宇山さんならではのもの。
竹特有のしなりが、どこまでもやわらかく涼しい風を運んでくれます。

DSC_9623.jpg

DSC_9625.jpg

・うやま工房 宇山正男さん:17歳でうちわ職人の道を選び、以来66年にわたって、うちわをつくり続ける伝統工芸士。
房州に自生する女竹を使った房州うちわは、千葉県唯一の国の伝統工芸品として認定され、日本三大うちわの一つ。
竹の選定、伐採から制作まで21の全ての工程を手掛けるのは宇山さんだけ。

・墨染麻小物 菊池昌子さん:生まれも育ちも北海道の菊池さんは、ろうけつ染め、草木染めなど染色全般を手掛け、
現在は墨染めを中心に作品をつくる。墨を使って麻布や和紙に型染めし、バッグ、タペストリー、カードなどを制作。
10年前に拠点を鴨川へ移し、日々ものづくりと向き合っている。





※サイズなど不明な点は、お気軽にお問い合わせください
- - - - - - - - - - - - - - - - -
通信販売も行っています

詳細はこちらをご覧ください

- - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - -
スポンサーサイト
[ 2014/04/23 16:38 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*ナチュールさんの4月のパンメニュー

nature_mini.jpg


匂い、味、食感、そして後味。最初から最後までしっかりおいしい!と
アムコスタッフも惚れ込んでいる、自家製天然酵母のパン屋さん、ナチュールのぱん。
毎月一度、そのナチュールから美味しいパンがアムコに届きます。

第一回目は明日23日(水) ←完売いたしました。ありがとうございます。

<明日のメニュー>
・角型食パン
・カンパーニュ
・プレミアム白マフィン
・フォカッチャ~岩塩+マカダミア~
・天然酵母のクロワッサン
・天然酵母のブリオッシュ
・ライ麦と全粒粉のハードブレッドスティック~グリーンレーズン+胡桃~
・berry berryショコラ


1階での販売となります。
オープンはお昼の12時からです。お待ちしております。

ナチュールさんHPはこちら
[ 2014/04/22 17:28 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*ゴールデンウィーク期間中の営業について

4月26日(土)~29日(火)、5月3日(土)~6日(火)はご迷惑をお掛けしますが
お休みさせていただきます。
店舗休業中は、下記通販サイトのご注文への対応もお休みとさせて頂いております。
休み明け、順次対応させて頂きますのでご了承くださいませ。

アムコ通販サイト
iichi特設ギャラリーショップ
[ 2014/04/22 16:54 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*沖縄:大海陽一さんの「シーサー香炉」

古代オリエントを発祥地とするライオン像は、中国を経て琉球に伝わりました。
集落の入り口で疫病や火事から村人を守っていた石づくりのシーサーは、
やがて沖縄の家の守り神となったそうです。

やんばるにある長寿の村、大宜味村に工房を構える大海陽一さんが作る シーサー香炉は、
沖縄の赤瓦に使われる「クチャ」という粘土を使い、型は用いず1点1点、手びねりで製作されています。
その為、細やかな表情を生み出すことができ、ひとつひつが違う表情。
やんばるの自然に育まれた土で生み出されたシーサーは力強い生命力にあふれています。

DSC_4588.jpg

DSC_4597.jpg

お香を焚くと、シーサーのガッと開いた口からゆらゆらと煙を吐く姿は
見た目の迫力とは違ってユーモラス。

DSC_4593.jpg

前屈みで睨みつけるものもあれば、後ろ足を蹴り上げていたり、表情はもちろんその立ち姿もさまざま。

DSC_4583.jpg


玄関でお客様をお迎えする時はもちろん、夏は窓辺で焚いて虫除けにしたりと年中活躍します。


※サイズなど不明な点は、お気軽にお問い合わせください
- - - - - - - - - - - - - - - - -
通信販売も行っています

詳細はこちらをご覧ください

- - - - - - - - - - - - - - - - -
 

[ 2014/04/17 14:26 ] * 商品とつくり手のこと | TB(0) | CM(-)

*再入荷_ 奥会津:菅家千代子さんの「アケビのかご」

昨年開催した店頭特集「奥会津への旅展」でご紹介して早々に完売してしまった
菅家千代子さんのアケビのかご。

雪が降る前にお願いしていた追加のかごが、春の訪れとともに奥会津から届きました。

若くて細いアケビのつるを使って丁寧に編まれる菅家さんのカゴ
見た目の繊細さとは裏腹に柔らかくて弾力性があり丈夫です。
黒っぽいつるは、奥会津 三島町でしか採れない珍しい種のもの。
材料は収穫後にじっくり天日干しし、1~2日水に浸けてから編まれます。
使い込むほどに味わい深い色艶が増してくる風合いをどうぞお楽しみください

70705249_o1.jpg

70705437.jpg

70705249.jpg

kago3.jpg


※サイズなど不明な点は、お気軽にお問い合わせください
- - - - - - - - - - - - - - - - -
通信販売も行っています

詳細はこちらをご参照ください
[ 2014/04/09 14:07 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*4月のお休み

4月は日・月・祝の定休日に加えて
26日(土)をお休みさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。
営業カレンダーはこちら
[ 2014/04/02 20:21 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)

*店頭特集「房州への旅展 潮風の通る道」

昨日より、はじまっています。
私たちが、房州を旅するなかで出会った人々の暮らしぶりや文化、
土地の空気など房州の魅力を紹介するとともに、
房州の作家さんの手仕事の作品や日用雑貨、食などを集めました。

7月5日(土)まで
DSC_3498.jpg

展示内容:海山窯 浅井純介さんの陶器/free style DEW 今井茂淑さんの古材家具、
今井京子さんの琥珀アクセサリー/GLASS FISH 大場匠さんのガラス
菊池昌子さんの墨染布小物/寺田昭洋さんの陶器
西山光太さんの陶器/吉野酒造さんの酒/浜名一憲さんのアンチョビ
うやま工房さんの房州うちわ(5月入荷予定)





DSC_3408.jpg


DSC_3463.jpg


DSC_3386.jpg


DSC_3315.jpg


※サイズなど不明な点は、お気軽にお問い合わせください
- - - - - - - - - - - - - - - - -
通信販売も行っています
詳細はこちらをご参照ください
[ 2014/04/02 20:12 ] * 最新情報 | TB(0) | CM(-)
プロフィール

アムコ カルチャー&ジャーニー

Author:アムコ カルチャー&ジャーニー

暮らしを旅するお店
amco culture & journey


東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3
電話 050-3344-1399
www.amco-cj.jp

このページは旧ブログです(〜2016/02/25)
新ブログ〉〉 www.amco-cj.jp /archives/diary

営業時間:12時〜19時
休日:日月祝 ※その他不定休有り



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。